むちうち症状固定 後遺障害14級認定

もしあなたが追突事故で、ひどいむち打ちの

後遺症に苦しんでいるなら、後遺障害認定

目指しましょう!レントゲンやMRIに異常がなくても

後遺障害の認定は獲得が可能です!

 

 

それを可能にする秘訣がこちら

>>交通事故の慰謝料!むち打ちで最大額の数千万!! - レントゲン、MRIにも写らないのに12級逸失利益満額取った僕の話

 

 

 

むち打ちの後遺症...

オレって、もう一生治らないのかな?

 

 

今から3年ほど前の話です。

 

仕事で営業に出かけて、久々に大きい仕事を成約。

 

「やっぱオレって天才じゃね?」と、鼻歌まじりのルンルン気分での帰り道にでトラックに追突されてしまいました。

 

追突事故

 

そのトラックは完全にわき見運転だったみたいで、直前で急ブレーキは踏んだみたいなのですが、ありえない勢いで僕の車に突っ込んできました...

 

僕の愛車(オデッセイ)の後部はグシャッとつぶれてしまい、3メートルくらい前に吹き飛ばされましたからね。( ゚Д゚)

 

たまたま信号の変わり目で、交差点内に車が来なかったのが唯一の救いでしたね。

 

 

その瞬間は気が張っていたせいかあまり感じなかったのですが、少しすると首のあたりの鈍痛と、吐き気が襲ってきました・・・

 

結局救急車を呼んでもらい、そのまま約1ヶ月間入院することに...

 

 

 

退院しても出社できない...

 

 

最初の頃こそ、

 

「いい機会だから、ゆっくり休んだほうがいいよ」と、やさしく気遣ってくれた会社の同僚や上司。

 

 

けれども退院してからは、さすがにもうそろそろ出社<してくるだろう?という話になります。

 

 

ですが車の運転すらできない状態だったので、やむを得ず会社を休み続けていると...

 

 

 

だんだん冷たくなる、会社の反応...

 

 

上司から電話がかかってきて、

 

「早退してもいいから、とりあえず会社に出てきなさい!」と言われ、

 

同僚からは、

 

「お前がいないと、仕事が増えて

 

とか、

 

「むち打ち症とか言って、実は仮病だったりして」

 

などと、言われる始末。

 

 

確かに忙しいのは事実ですし、僕も会社に行きたいという気持ちはあったんです。

 

だけど、カラダが言うことを聞いてくれんのです...

 

 

そんな感じで、結局3ヶ月ちょっと会社を休むことに...orz。

 

 

その後なんとか会社に復帰して、後遺症に苦しみながら病院に通院したのですが、
一向に良くなる気配すらありませんでした。。

 

 

 

保険会社が、「症状固定ですね」と言った。

 

 

事故から6ヶ月がくらいがたった頃、保険会社の担当者から、

 

「症状固定ですので、通院は打ち切らせていただきます。なので、後遺障害を申請しましょう!」

 

と、言われました。

 

ちなみに症状固定というのは、もうこれ以上治療を続けても治る見込みがない状態のことです。

 

むち打ち症の場合は、治療開始から6ヶ月間くらいが相場になっているみたいなんですね。

 

 

 

後遺障害認定を申請するも、あえなく却下

 

 

そこで保険会社に言われるままに、むち打ち症の後遺障害認定を申請しましたが、

 

あえなく却下。

 

却下の理由は、おおざっぱに言うと、
レントゲンやMRIに、経年変化以外の異常が認められない。」とのこと。

 

むち打ちの後遺症の症状がひどくて、このままじゃまともに仕事が出来そうもない・・・

 

 

これから一体どうやって暮らしていけばいいんだろう...

 

 

 

あるサイト”との運命的な出会い

 

 

そんな時に友人が”あるサイト”を見つけてくれました。

 

そのサイトは、かなり怪しげな感じのサイトだったのですが、

 

レントゲンMRIにも写らないのに12級逸失利益満額取った僕の話というノウハウを販売していました。

 

しかも、保険会社が提示する金額よりもかなり高額で示談できるというものです。

 

 

「えっ?これって、まさにオレのことじゃん!」

 

そう感じた僕はかなり半信半疑でしたが、藁にもすがる思いで購入してみることに。

 

 

 

1度目の異議申し立てで、

見事、後遺障害14級-9号の認定を獲得!

 

 

早速、ノウハウに従って入念な準備を行い、後遺障害認定の異議申し立てを行いました。

 

すると、なんとたった一回の異議申し立てで..

 

みごと後遺障害14級-9号の認定を獲得することが出来たのです!

 

 

もう、めちゃくちゃ嬉しかったですね。

 

長い間、

 

「オレは事故の被害者で、何にも悪くねーよな。
それなのになんで被害者のオレだけ、こんなツライ思いをしなきゃいけないの?おかしくない?」

 

ってずーっと思いながら、むち打ちの後遺症の辛さに、めちゃくちゃ苦しんできました。

 

「もしかして、もうこのまま一生治らないんじゃないかな...」

 

と、どん底の状況だった僕に、やっとかすかに希望の光が見えた気がしたのです...

 

 

 

ところが保険会社が提示した示談金は、

ありえないほど安い金額。

けれども”ある方法”で、大逆転w

 

 

後遺障害が認定されたので、保険会社から示談金の提示がありました。

 

ところが、保険会社が提示してきた示談金額が、このノウハウで算出した金額と比べてあまりにも安すぎたのです。(TT)

 

 

保険会社にかなり低い示談額を提示された僕は、このノウハウに従って、ちょっとした”ある行動”をしました。

 

その結果...

 

 

 

なんと、保険会社の提示金額より168万円も高い金額で示談することが出来たのです。

 

総額では、370万円以上です。

 

僕は名ばかりですが、会社の役員になっているので、残念ながら逸失利益がほとんど認められませんでしたorz

 

もし僕が一般の会社員だったら、多分さらに数百万上乗せされていたと思います。

 

なんか、かなり不公平ですね...

 

名ばかりの役員は何かと大損するので、オファーされても絶対に断りましょうね。(笑)

 

 

ということで、もしあなたが、

  • むち打ちの後遺症がひどくて、なんかこのまま治らないような気がする。
  • 実際に症状固定になってしまった。
  • 後遺障害認定を申請したけれど、却下されてしまった。

というような状況であれば、まずは友人が僕に教えてくれたサイトの文章を読んでみて下さい。

 

保険会社の汚いやり口など、かなり勉強になると思います。

 

そして、できれば後遺障害の認定を勝ち取って下さい。

 

後遺症が残った場合、

 

後遺障害の認定があるかないか=天国か地獄か

 

ということです。

 

なぜなら、もらえる示談金が数百万円変わってきますから...

 

 

あなたは、あくまでも交通事故の被害者です。

 

何にも悪いことはしていません。

 

なので、あなたには事故にあう前の健康な身体を取り戻す正当な権利があります。

 

そのためには、整体に通ったり通院したりで、かなりお金がかかってきます。

 

なので、正しい知識を手に入れて後遺障害認定を勝ち取り、多額の損害賠償金を受け取りましょう。

 

 

>>交通事故の慰謝料!むち打ちで最大額の数千万!! - レントゲン、MRIにも写らないのに12級逸失利益満額取った僕の話

 

 

■関連記事

 

むち打ち症を治すのにオススメのストレッチ法とは?

 

追突事故にあったら、自分の車の保険からお金がもらえる?

 

むち打ちの治療中にお金が足りなくなったら、慰謝料を仮払いしてもらいましょう!