追突事故の慰謝料と示談金

 

不透明な、追突事故の慰謝料

保険会社の言いなりになっていたら、大損しちゃいますよ。

 

あなたの追突事故の慰謝料を最大化する重要なポイントとは?

 

むち打ちの症状が完全に治るまで、通院を続ける。

むち打ち症の男性

 

むち打ち症の症状固定期間は6ヶ月間です。(症状固定とは、これ以上治療を続けても、症状の改善が見込めない状態のことです。)

 

慰謝料は通院期間に対して支払われますので、出来れば2日に1回は通院しましょう。

 

保険会社から、「お体の具合はいかがですか?」と、電話があっても・・・

 

ダメですよ!

 

良くなってもいないのに、「楽になったとか、だいぶ良くなりました」とか言ってしまっては、保険会社の思うツボです。まだ症状が残っているなら、「まだ痛むので、治療を続けます。」と、言えばOKです。

 

完全に治ってないのに軽い気持ちで示談をしてしまって、あとで後遺症で苦しんでいる人が本当に多いんですよ。

 

あなたには、むち打ち症が完全に治るまで、最大6ヶ月間通院を続ける権利があります。

 

保険会社に負けない正しい知識(武器)を手に入れる。

 

むち打ち症の女性

もしあなたのむち打ちの症状が1ヶ月以上続くようで
あれば、残念ですが、むち打ちの後遺症が残ってしまう可能性が高いです。

 

むちうち症の場合、治療開始から6ヶ月くらい経つと症状固定となります。(これ以上治療を続けても、症状の改善が望めないだろうという状態のことです。)

 

症状固定の後は、後遺障害認定の申請を行います。ですが、その前に
保険会社に負けない正しい知識を手にいれておくことをおすすめします。

 

なぜならよっぽどMRIで異常が認められていれば別ですが、多くの場合は後遺障害認定の申請が却下されてしまいます。

 

けれども正しい知識があれば、MRIに異常が認められなくても後遺障害の認定を勝ち取ることが出来るからです。

 

後遺障害の認定を受けると、保険会社の提示金額でさえ百数十万円レベルで増えます。
そしてさらにある方法を取ることで、保険会社の提示金額より数百万円高い金額で示談することが出来るのです。

正当な示談金を獲得する方法

むち打ちの症状が治るまで通院を続ける

むち打ちの治療期間

 

むち打ちの場合、一般的に6ヶ月で症状固定となります。
ということは、症状が残っている限り、
あなたには6ヶ月間の治療を受ける権利があるということです。

 

僕の友人は、まだ症状が残っていたのに
この知識がない為に、治療を2ヶ月で打ち切り
いまだに後遺症に悩んでいます。

 

症状固定とは?

 

治療を続けても、症状の改善がみられない状態のことをいいます。
治療開始から6ヶ月くらいたつと
保険会社から、症状固定ということで、
保険による治療を打ち切らせていただきたいのですが。
と打診があります。

 

むち打ちの後遺症の症状が残ったら?

 

後遺障害認定の申請を行います。

 

主治医に後遺障害申請用の診断書を書いてもらいますが、
MRIなどに異常があると認められない場合、
多くの場合後遺障害の認定が却下されてしまいます。

 

しかし、正しい知識を身につけて正しい手順で
後遺障害の認定申請を行えば、
14級や12級の認定を勝ち取ることが可能です。

 

後遺障害が認定されると、あなたの受け取る慰謝料が
数百万円レベルで多くなります。

 

もちろん、後遺症もないのに後遺障害認定を申請すれば
詐欺行為になってしまいます。

 

でもあなたが後遺症に苦しんでいるのであれば
堂々と後遺障害の認定を勝ち取って下さい。

保険会社と示談をする前に

残念ながら、保険会社は最低レベルの示談金を提示してきます。

 

実は保険会社が従わざるおえない示談方法があるのです。

 

管理人がマニュアルに記載してあるその方法で
交渉したところ・・・

 

なんと、保険会社の提示額より168万円も多い金額で
示談することが出来たのです。

 

管理人の場合、会社の役員ですので、逸失利益の認定が難しくて
増額が少なかったのですが
普通に会社勤めをされていれば、
その差額は、もっと多くなってしまうかもしれません。

 

詳しくは、事故にあってから、示談までの道のりを別の記事にまとめました。

 

  • 後遺障害認定却下
  • マニュアル入手後、再申請で、後遺障害14級9号の認定獲得
  • 保険会社の提示金額より168万円高い示談金で和解

 

よろしければ、この記事もご覧ください。
↓  ↓  ↓
管理人が後遺障害認定を勝ち取り、保険会社の提示額より168万円高い金額で示談した話し。