追突事故の示談交渉

保険会社は出来るだけお金を払いたくない?

はい、その通りです。

女性のイラスト

保険会社も営利企業だということはわかりますが、

あり得ないくらい低い金額を提示してきます。

 

いわゆる、自賠責基準というものですね。

 

僕の場合も、”ある手順”を踏むことで、保険会社からの提示額より
168万円も高い慰謝料で示談することが出来ました。

 

僕の場合は、名ばかりですが取締役なので、逸失利益がほとんど認められませんでした。

 

おそらく、一般の会社員の方でしたら、数百万円レベルの違いがでると思います。

 

知は力なりといいますが、まさにその通りです。

 

正しい知識を持っていないと、海千山千の保険会社にいいくるめられてしまい、大損してしまいますよ。

 

≫保険会社に負けない、正しい知識はこちら

 

■関連記事

 

むち打ちの後遺障害14級を勝ち取った僕の体験談

保険会社からの電話

掟1保険会社に治療打ち切りを決める権利はない。

男性の写真

むち打ちは症状が残っている限り、
症状固定まで6ヶ月間治療することが出来ます。

 

治療を始めてから、1〜2ヶ月位すると、
保険会社から
「その後、お体の具合はいかがですか?」
などと打診があります。

 

気が弱い人だと、まだ症状が残っているのに
つい、
「はい、お陰さまで大分良くなりました」
などと言ってしまいます。

 

駄目ですよ。

 

保険会社は、示談をしてしまえばOKという
考え方なのできちっと意思表示をすることが大切です。

 

症状が残っている場合は、堂々と
「まだ痛むので治療を続けます。」
と、きっぱり言いましょう。
別に、保険会社の人からいい人だと
思ってもらう必要なんかありません。

 

後で苦しむのは、あなたですから
きちんと治しましょう。

 

その後も症状固定までの間、
何回か電話があると思いますが
当然、同じ対応でOKです。

症状固定後の対応

治療開始から6ヶ月くらいたつと、
保険会社から、「症状固定なので、治療を打ち切らせてください」と
打診があります。

 

これには、素直に応じましょう。

 

ただ、管理人は後遺障害の認定を受けるまでは
自分の保険を使って、週に1〜2度でいいので
通院することをおすすめします。

 

後遺障害の申請手順については、
後遺障害認定までの流れをご覧下さい。

示談の前に

保険会社からの示談の打診があったら

 

果たしてその金額が妥当なものなのか検討しましょう。

 

悲しいことですが、ほとんどの保険会社は最低金額を提示してきます

 

でも、大丈夫です。

 

最終的な示談の対応方法は、
追突事故の慰謝料と示談金のページをご覧下さい。