むちうち症状固定と後遺障害認定

 

むち打ち症の症状固定とは?

男性の写真

むち打ち症の症状固定とは?
むち打ちの症状固定とは、もうこれ以上治療を続けても症状の改善が
見込めない状態
のことです。

 

むち打ち症の症状固定は、一般的に治療をはじめて6ヶ月が目安になっています。

 

保険会社から、「そろそろ症状固定で、保険治療を打ち切らせていただきたいのですが・・・」と打診があります。

 

医師が症状の改善が見込めると判断した場合は、治療を続けることも可能ですが、
一般的には、後遺障害認定の申請手続きに入ります。

 

ただ、残念なことにそのまま後遺障害認定を申請を却下される可能性が高いです。

 

もちろん対策がありますので安心してください。

 

⇒むち打ち症状固定から後遺障害認定獲得までの流れ