むちうち症状固定と後遺障害認定

むち打ち症の症状固定とは?

男性の写真

むち打ちの症状固定とは、もうこれ以上治療を続けても症状の改善が見込めない状態のことです。

 

むち打ち症の症状固定は、一般的に治療をはじめて6ヶ月が目安になっています。

 

治療をじはじめてから6ヶ月くらい経過すると、保険会社から、
「そろそろ症状固定で、保険治療を打ち切らせていただきたいのですが・・・」と打診があります。

 

医師が症状の改善が見込めると判断した場合は、治療を続けることも可能ですが、
一般的には、後遺障害認定の申請手続きに入ります。

 

ただ、残念なことにそのまま後遺障害認定を申請しても、却下される可能性がかなり高いです。

 

でも正しい知識があれば、たとえレントゲンやMRIに異常が認められなくても、後遺障害の認定を勝ち取ることは可能です。

 

実際、僕もレントゲンやMRIに異常が認められず、一度は後遺障害認定を却下されました。

 

けれども、正しい知識を手に入れたことで、2回目の申請で見事後遺障害14級を勝ち取ることが出来ました。

 

もしあなたが症状固定になりそうであれば、正しい知識を入手することをオススメします。

 

後遺障害が認定されるかされないか=天国と地獄

 

これは冗談ではなく、もし後遺障害が認定されなければ、
あなたは本来もらえるはずだった慰謝料を、数百万レベルで大損することになっちゃいますからね...

 

→僕を救ってくれた”正しい知識”

 

■関連記事

 

むち打ち症状固定から後遺障害14級9号認定獲得までの僕の体験談