むちうち症状固定 後遺障害14級認定

追突事故でひどいむち打ちの後遺症に苦しみ、

後遺障害認定の申請をするも、あえなく却下...

どん底の中出会った”〇〇”で、

一度の異議申し立てで後遺障害14級9号が認定

保険会社の提示より168万円高い示談金を勝ち取った僕の話。

 

 

ブログ管理人:ヒロシです。
43歳サラリーマン(営業職)
妻と4人の子持ち
趣味:滝巡り、座禅、ギター、晩酌

 

 

むち打ちの後遺症...

オレって、もう一生治らないのかな?

 

今から3年ほど前の話です。

 

仕事で営業に出かけて、久々に大きい仕事を成約。

 

「やっぱオレって天才じゃね?」と、
鼻歌まじりのルンルン気分での帰り道のことです。

 

利根川にかかる橋の手前で信号待ちしながら、
とても綺麗な夕焼けに見とれていました。
すると突然、「キキーッ」という鋭いブレーキの音がしたかと思うと、

 

激しい衝撃が、僕を襲いました。

 

追突事故

 

そうなんです、トラックに追突されてしまったのです。
そのトラックは完全にわき見運転だったみたいで、
直前で急ブレーキは踏んだみたいなのですが、
ありえない勢いで僕の車に突っ込んできました・・・

 

僕の愛車(オデッセイ)の後部はグシャッとつぶれてしまい、
3メートルくらい前に吹き飛ばされましたからね。( ゚Д゚)
たまたま信号の変わり目で、交差点内に車が来なかったのが唯一の救いでしたね。

 

その瞬間は気が張っていたせいかあまり感じなかったのですが、
少しすると首のあたりの鈍痛と、激しい吐き気が襲ってきました・・・

 

結局救急車を呼んでもらい、そのまま約1ヶ月間入院することに。

 

 

オレのツラさなんて、誰もわかってくれない...

 

最初の頃こそ、

 

「いい機会だから、ゆっくり休んだほうがいいよ」

 

と、やさしく気遣ってくれた会社の同僚や上司。

 

首が痛い

 

けれども退院してからは、さすがに

 

もうそろそろ出社してくるだろう?という話になります。

 

 

「むち打ちにかこつけて、仮病こいてんじゃねーぞ!

 

同僚や上司から電話がかかってきて、

 

「いい加減、会社に出てこいよ。お前のせいで、
仕事が増えてめっちゃ迷惑なんだけど。」

 

怒っている男性

 

とか、

 

「むち打ちにかこつけて、仮病こいてんじゃねーぞ!」

 

とか、

 

「このままだと、お前の居場所なくなるよ?

 

など、ひどい暴言を浴びてしまいました。

 

けれども誰に何と言われようと、まず車にさえ乗れないのです。

 

首をまわせないので、まともに後方確認すら出来ません。

 

試しに家でパソコンに向かい、事務仕事に挑戦してみましたが、
30分もすると首と肩がパンパンに強張ってしまい、
鈍い痛みとともに両方の手がしびれてきます。

 

あげくの果てに吐き気までしてきて、
とても作業を続けることができませんでした。

 

結局、3ヶ月ちょっと会社を休むことに...orz。

 

 

その後なんとか会社に復帰して後遺症に苦しみながら病院に通院したのですが、
一向に良くなる気配すらありません。。

 

 

保険会社が、「症状固定ですね」と言った。

 

事故から6ヶ月がくらいがたった頃、保険会社の担当者から、

 

語りかける男性

 

症状固定なので、通院は打ち切らせていただきます。なので、後遺障害を申請しましょう!」

 

と、言われました。

 

ちなみに症状固定というのは、もうこれ以上治療を続けても
治る見込みがない状態
のことです。

 

むち打ち症の場合は、治療開始から6ヶ月間くらいが相場になっているみたいなんですね。

 

 

後遺障害認定を申請するも、あえなく却下orz

 

そこで保険会社に言われるままに、むち打ち症の後遺障害認定を申請しましたが、

 

あえなく却下。

 

がっかり

 

却下の理由は、おおざっぱに言うと、
レントゲンやMRIに、経年変化以外の異常が認められない。」とのこと。

 

むち打ちの後遺症の症状がひどくて、このままじゃまともに仕事が出来そうもない・・・

 

 

これから一体どうやって暮らしていけばいいんだ...

 

切実に困っている男性

 

 

ちなみに、その時の僕の症状は・・・

 

  • 慢性的な手の痺れと偏頭痛
  • 腕を水平より高く上げて作業すると、すぐ首が痛くなってしまう
  • 車を運転するとき、首の可動域が狭く、身体ごとまわさないと安全確認が出来ない
  • パソコン作業をすると、肩が固まってしまい痛くなってしまう

 

という感じで、本当に辛かったです。

 

 

あるサイト”との運命的な出会い

 

そんな時に友人が”あるサイト”を見つけてくれました。

 

そのサイトは、ちょっと怪しげな感じのサイトだったのですが、

 

レントゲンやMRIに異常がなくても、むち打ちで後遺障害14級の認定が勝ち取れる

 

しかも、保険会社が提示する金額よりもかなり高額で示談できる。

 

というノウハウを販売していたのです。

 

はっとする男性

 

「えっ?これって、まさにオレのことじゃん!

 

そう感じた僕は、かなり半信半疑でしたが、
藁にもすがる思いで購入してみることに。

 

何しろ後遺障害が認定されれば、貰える慰謝料がかなり増えますし、
そうすれば、つらい症状を緩和するために通っていた整体などに通う
お金を捻出できちゃいますからね。

 

 

マニュアルを入手後1度目の異議申し立てで、

見事、後遺障害14級-9号の認定を獲得!

 

早速、マニュアルに従って入念な準備を行い、
異議申し立てを行いました。

 

すると、なんとたった一回の異議申し立てで...

 

みごと後遺障害14級-9号の認定を獲得することが出来たのです!

 

やったーと喜ぶ男性

 

もう、めちゃくちゃ嬉しかったですね。

 

 

長い間、

 

「オレは事故の被害者で、何にも悪くねーよな。
それなのになんでオレだけ、こんなツライ思いをしなきゃいけないの?」

 

と思いながら、むち打ちの後遺症の辛さに、めちゃくちゃ苦しんできました。

 

「もしかして、もうこのまま一生治らないんじゃないかな...

 

と、どん底の状況だった僕に、やっとかすかに希望の光が見えた気がしたのです...

 

 

→僕をどん底の状況から救ってくれたサイト

 

 

保険会社が提示した示談金は、

バカにしんてんのか!?」というほど安い金額。

けれども”ある方法”で、大逆転w

 

後遺障害が認定されたので、保険会社から示談金の提示がありました。

 

ところが、保険会社が提示してきた示談金額が、あまりにも安すぎたのです。(TT)

 

えっ?何だって?と言う男性

 

(このマニュアルで算出した金額と比べて。)

 

保険会社にかなり低い示談額を提示された僕は、このマニュアルに従って、
ちょっとした”ある行動”をしました。

 

その結果...

 

やったー

 

なんと、保険会社の提示金額より168万円も高い金額で示談することが出来たのです。

 

総額では、370万円以上です。

 

僕は名ばかりですが、会社の役員になっているので、
残念ながら逸失利益がほとんど認められませんでしたorz

 

もし僕が一般の会社員だったら、さらに数百万上乗せされていたと思います。

 

 

鬼のようなものすごい形相で、

怒りにふるえる保険会社の担当者

 

当然のことながら、僕が交渉していた保険会社の担当者は、
まるで鬼のようなものすごい形相で僕を睨みつけてきました。

 

安い金額で示談できると高をくくって余裕ぶっこいていたのが
まさかの大逆転をくらったワケなので当たり前ですよねw

 

怒り

 

168万円も示談金を多く払わなければならなくなったので、
おどらく相当悔しかったんだと思います...

 

かわいそうに...

 

などとは、これっぽっちも思いませんがw

 

 

友人夫婦に、ちょっと高級な焼肉をご馳走!

 

僕は、このサイトを見つけてくれた友人には
本当に感謝しています。

 

友よ、ありがとう!

 

僕が友人夫婦にちょっとだけ高級な焼肉
ご馳走させていただいたのは、言うまでもありませんw

 

むちうち症状固定から後遺障害14級認定を逆転で勝ち取った話

 

 

→友人がどん底の僕に教えてくれたサイト

 

 

後遺障害が認めらるか、認められないか。

天国か地獄か

 

なぜなら、後遺障害が認められると、受け取れる示談金が数百万円も上乗せされるからです。

 

しかもマニュアルのノウハウでは、保険会社の提示額をくつがえし、弁護士基準に近い高額な示談金をゲットできる”ある方法”も記載されています。

 

しかも”ある方法”を使うと、保険会社は、高額な示談金を支払わざるおえなくなります。

 

保険会社に拒否権はありません。

 

ショックな男性

 

のうのうと当たり前のように、低い示談金を提示してくる保険会社を「ギャフン」と言わせることができます。

 

このサイトをみればわかりますが、実際にこのマニュアルで14級の認定を受けた人もたくさんいますからね。

 

 

ということで、もしあなたが、

  • むち打ちの後遺症がひどくて、なんかこのまま治らないような気がする。
  • 実際に症状固定になってしまった。
  • 後遺障害認定を申請したけれど、却下されてしまった。

というような状況であれば、まずは友人が僕に教えてくれたサイトの文章を読んでみて下さい。

 

たとえマニュアルを購入しなくても、保険会社の汚いやり口など、
かなり勉強になると思います。

 

→とりあえずサイトの文章を読んでみる

 

 

 

2つの未来があります。あなたはどっちの未来を選びますか?

 

知は力なり。という名言があります。

 

 

この知識があるかないかだけで、あなたが本来受け取れるはずの
数百万円が失われてしまうわけですから、ホントその通りですね。(`・ω・´)

 

もちろん僕の話やこのマニュアルを信じるか信じないかは、
完全にあなたの自由です。

 

そして、

 

すずめの涙のような情けない金額で示談する

 

or

 

後遺障害を獲得して数百万円高い金額で示談する

 

のも、完全にあなたの自由です。

 

あなたは、どちらの未来を選ばれますか?

 

 

→どん底の僕を救ってくれた、感謝してもしきれないサイト

 

 

 

 

 

 

参考:報告があっただけでも、

350人の後遺障害が認定されています。

 

示談金額が3倍になりました

結局、私が受け取った慰謝料は、
最初に保険会社から提示された金額の3倍になりました。

 

後遺症障害認定後でも、提示額と最終的な和解金額との間に
これだけの差があるのですから、もし赤鬼さまのマニュアルに出会わず、
後遺症障害の認定を申請することすら思い浮かばなかったら、
ほんの少しの慰謝料しか受け取れなかったはずです。

 

14級9号が認定されました!

先週末に自賠責保険会社より簡易書留にて、後遺障害等級についての連絡が届きました。
認定されているのか非常に心配でしたが、「第14級9号に該当する」との結果でした。

 

今まで、いろいろとご指導・ご鞭撻をいただきまして本当にありがとうございました。
マニュアルにも本当に感謝いたします。

 

つらい症状が認められて、とりあえず一安心した次第です。

 

あやうく保険会社に丸め込まれるところでした

今年1月に症状固定をして後遺障害の認定をうけ、
その後粉センに申し込み2回ほど面談しました。

 

あっせん案が不調になり審査会に申し立てをし、裁定案に同意しました。
当初の保険会社の損害賠償提示額と裁定案の金額は約3倍ほどの開きがありました。

 

マニュアルに出会わなければ、
保険会社の用意した案で丸め込まれるところでした。

 

後遺障害14級の認定も難しかったかもしれません。
いろいろとありがとうございました。